車買取

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

現車主義の査定・買取制度

今お持ちの車を、何らかの理由で手放すことがいつか来るかもしれません。いや、いつか必ず来ます。そのとき、車が新しかろうが、古かろうが、1円でも高く売りたいと思うのがユーザーの心理です。

そこで、その車をどこに持っていって売るか・・・
どこに持っていけばいいのか、わかってはいるけど、なかなか入りにくい・・・

などと思っている方もいらっしゃると思います。

そんな方のためにこの章では、どこに行って、どうすればいいかをお教えしたいと思います。

まず初めに、査定というものはどういうものかですが、一言で言うならそれは、車の価値を試算するということです

世の中には、例え同じ車種であっても、装備の違いや、走行距離、修復暦の有無、傷の度合いなどなど、まったく同じ車は存在しません。

だからこそ、現車を見てみないことにはきちんとした査定はできません。

現車を見て、加点、減点をしていき、最終的な査定価格を算出します。

最近テレビやラジオで、電話1本で査定価格がわかるというものを耳にすることがありますが、これはあくまで、基本価格がわかるだけで、実際の査定価格は、現車を査定しないといけませんので、一つの目安として電話をかけて聞いてみる分にはいいですが、実際査定をしてみると、電話での価格より安くなることはあっても、高くなるという期待はあまりできないというのが現実です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.