車買取

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

買取をしてもらうために必要なもの

買取をとはいっても、まず先に査定をしなくてはなりません。査定をしたからといって必ずそこで、買い取ってもらうとも限りません。

実際に買い取ってもらう場合には、必要になるものがいろいろありますが、まず、査定には車検証さえあればOKですので、車に車検証がはいっていることを確認して、出発してください。もちろん免許証は忘れずに・・・本人確認のために提示する場合もありますので。

買取店に到着し、査定をしてもらい査定金額に納得して、買取をしてもらうときには、また別に必要になるものがあります。

まず契約書や委任状に押す印鑑、それから住民票です。

車検証には所有者と使用者という欄があります。ここがどうなっているかで必要な書類が違ってくるのですが、車検証の住所と現住所がちがっていたり、結婚などによって苗字が変わっていたりする場合には、住民票でなく戸籍標本など必要になります。要は、名前や住所が変わっていたら、間違いなく本人であると言うことが証明できる書類が必要になるのです。

こういった役所でもらう書類は、同じ県内でも市町村によって内容が若干違ってくるので、その際は店員さんからこれとこれを用意してくださいと依頼があると思います。

車検証の所有者は、ほとんどの場合、その車を買った車屋になっているのですが、所有者も本人になっている場合は、印鑑証明とその印鑑も必要になります。

色々なケースがあり、車に携わる仕事をしていても、買取、下取り、販売といった業務をある程度の時間をこなさないと覚えられないくらいですので、時と場合によってコロコロ変わって複雑です。基本的に、印鑑、免許証、住民票
がいると思ってもらえばいいと思います。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.