車買取

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

買取屋の生命線、査定

査定とは簡単に言っても、そう簡単にできるものではありません。車のまわりをぐるぐる回って傷、凹み、走行距離などを控えて、後はデータとのにらめっこ・・・と思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?本当にそれだけなら、誰にでもできます。

でも実際は本当にシビアで、真剣にやっています。

どこを見るかというと、今現在ある傷、凹みはもちろんですが、その傷や凹みを直した跡を見抜かなければなりません。そんなことが可能なのかと思うでしょうが、見る人が見ればわかります。あまりにもきれいに直してあると見逃してしまうことがありますが、これをいかに見逃さないかがプロの腕の見せ所です。

お客さまに、板金塗装したことや、事故を起こしたことはないかを査定時に伺いますが、お客様は、本当のことを言ってくれないことが多くあります。なぜなら、1円でも高く売りたいからです。ちょっとぶつけたなどといってくれる場合はまだいい方です。明らかに事故車でも何も言ってくれない場合があります。

その言葉を鵜呑みにして、適当に査定をして、修復歴のない状態の金額で買取ったりしたら、確実に損をして、店長にこっぴどく怒られることは間違えありません。後から事故車と判明しても後の祭りです。

傷などを直した跡を、一つ見抜けば、その周りも怪しいと思って疑ってかかります。それが結果的に、大きな事故を見抜くことにつながるのです。

これはあくまでも一つの例ですが、このように車を見て、その車の価値を正し判断し、それを金額にしてお客様に提示しなければなりません。高く提示すれば、利益が減り、下手をすると損をします。逆に安くしすぎると、他社に行かれたり、極端に言えば、会社の信用問題にもつながりかねませんので、やっているほうは真剣です。

中古車を査定をする人は、協会で講習を受けて取得する、中古車査定士という資格がありますが、これを取得しています。この協会が定める査定方法は細かい加点、原点方法が決められており、このやり方で、そのまま査定を行うと、とても安い査定価格になってしまうことがあります。

実際に現場で行われている査定価格算出の方法は、世の中の流通相場からの逆算という形で行っているのが現状です。その判断材料として、大きくいくつかに分けることができます。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.