車買取

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

修復暦の有無

事故などを起こして修理をした経歴のある車を、一般的に事故車という言い方をしますが。しかし、そもそも事故車とはどういったものをいうのかという明確な基準をわかっている方はほとんどいらっしゃりません。

でもそれは当たり前なのです。なぜなら、事故車かどうかは当然ですが外観からはまったくわからないからです。しかも、査定の経験が薄い人だと修復暦を見落としてしまうことが珍しくないくらいわかりにくいのが現実なのです。

ではどうなれば事故車となるかというと、実際に車を前にせずに説明するのは大変わかりにくいですが、まず人間で例えましょう。

人間でいう打撲、捻挫などの怪我は、車で言う事故車にはなりません。人間でいう骨折をすると事故車になるのです。骨とは人間の体の幹であり、文字通り骨格です。車でこれにたるのは、フレームと言われる部分になります。事故を起こして、フレームに損傷が達してはじめて事故車になるのです。

このフレームと呼ばれる部分は交換することができません。ではどうやって元も戻すか、それは、押されて曲がったフレームは引っ張って戻すのです。

このときひとつ問題が発生します。誰でも経験があると思いますが、まっすぐな針金を180°折り曲げます。ローマ字でいうUではなくてVになるくらいにです。それを元のまっすぐな状態に戻してみると、まっすぐにはなりません。折れ曲がったところは折れ目が付いたままになります。

フレームもこのように完全には元に戻すことが難しく、大きな事故をすれば、ハンドルが片方に取られたり、隙間から水が漏ってきたりと・・・。人間と同じで、骨にまで達するような怪我をすれば、多かれ少なかれ何らかの後遺症がしばらくは残るものです。車も後遺症が残ります。

逆に言えば、フレームに達していない傷、凹みがいくつあろうとも事故車ではないのです。もちろん傷、凹みの分だけ査定はマイナスにはなりますが。

一般の方ではその判断は難しいのですが、追突されたり、何か硬いものにぶつかったりして、修理代が20万ほどかかった場合は事故車になる可能性が高いです。

この場合、事故車でない物と比べ、小さい車では10万から、大きい車では30万円程の減額になる場合があります。
できるだけ事故を起こさないように気をつけたいものです。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.