車買取

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

悪いところは直すべし!

これも、ごく当たり前ですし、前項で述べたことと重複してしまいますが、内装、外装がきれいにされていないどころか、バンパーの角やボディーに大きな傷や凹みが修理せずにそのままにしてあったらもってのほかです。

前項でも述べましたが、当然そのような車は注意して査定しますし、査定にプラスになる要因はまったくありません。査定をしようがしまいが、車の大きな傷や凹みはきちんと直しておきましょう。

少し余談になりますが、傷や凹みをそのままにしておいて、他人から見るとそんな車恥ずかしくて乗れないと思うような車に乗っている人の中には、あちらこちらに売掛金を残して、支払いをせずに、次に何かあったら違う車屋に行く
という人がいます。もちろん全ての人ではありません。

たとえばこういった方の車を買い取ってお金を支払っても、その後に他社の売掛金などが残っていると、車の名義を変えることができません。そうなればその車をどうすることもできず、その方に連絡をするともう繋がらないといった結果になります。

こういったケースが実際にあるので、買取る側も当然シビアになります。自分はそうじゃないとしても、そう思われたら損ですので、直しておいた方が損して得取れです。

また、外装の傷、凹みはなくても、たとえば、パワーウィンドウが動かないとか、ドアのロックができないといった故障のような、日常生活に明らかな不便をきたすような故障は先に述べたような、もっと他にひどい事故をしたのかもしれないということを連想させるので、直しておいた方が得策です。

今から売ろうという車を直すのは気がひけますが、買取屋もどちみち修理代を査定額から差し引きます。それも、余分をとって差し引きます。結果として、自分で直しておいた方が、トータルではお得になるということもよくある話です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.